株・FX投資2chまとめ速報

株やFX、仮想通貨などの投資2chまとめサイトです

株・FX・仮想通貨

【高温岩体】地熱発電/地熱エネ9【バイナリー】

1 :名無電力14001:2013/09/17(火) 20:32:01.75 .net
小規模な範囲では再生可能エネルギーであり、
風力、太陽電池に比べ安定供給が可能だけど
大規模に使えば問題がありそうな地熱発電について語るスレです。

地熱発電の新技術、メリット、デメリットなどの議論、
ニュースや資料やデータの情報交換などにご利用ください。

スレ違いの話しや、荒らしはスルーしましょう。

○関連リンク
地熱発電
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%86%B1%E7%99%BA%E9%9B%BB
再生可能エネルギー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%8D%E7%94%9F%E5%8F%AF%E8%83%BD%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC
日本地熱学会
http://grsj.gr.jp/
日本地熱開発企業協議会
http://www.chikaikyo.com/

,前スレ
【高温岩体】地熱発電/地熱エネ8【バイナリー】
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/atom/1365385973/

2 :名無電力14001:2013/09/17(火) 20:38:54.10

平成25年度の買取価格
地熱 15,000kW以上 27.3円(26円+税)  調達期間 15年間
地熱 15,000kW未満 42.0円(40円+税)  調達期間 15年間

地熱発電の買取価格についての要望(日本地熱開発企業協議会)
ttp://www.meti.go.jp/committee/chotatsu_kakaku/003_07_00.pdf

エネ庁の資料を見てみよう。ここでは地熱は9.2円〜11.6円/kWh。
ttp://www.enecho.meti.go.jp/info/committee/kihonmondai/8th/8-3.pdf

産総研の資料では9〜22円/kWh
ttp://staff.aist.go.jp/toshi-tosha/geothermal/gate_day/presentation/METI1-Adachi.pdf

日本エネルギー経済研究所は、地熱について8.9円/kWhというコスト計算をしてる。
ttp://eneken.ieej.or.jp/data/4043.pdf

3 :名無電力14001:2013/09/17(火) 20:39:53.03

地熱発電のメリットはCO2排出量が少ない事です。

ただし、全ての地熱発電所が小さいわけではありません。
火山地帯でCO2を噴出事故が起きるように、地熱発電所によっては発電量あたりCO2が
天然ガス火力: 0.453 kg/kWh 並の発電所は実在します。

http://www.env.go.jp/nature/geothermal_power/conf/h2304/ref02.pdf page13 page33より
柳津西山 最大電力 54,100kW 蒸気量 382t/h
      非凝縮性ガス 2.69〜3.23vol%  内CO2 95.3〜96.8%

CO2とH2Oの分子量の比を0.4として 水蒸気中のCO2質量割合は(6.4%〜7.8%)
1時間の発電量54100kWhで割ると
  (6.4〜7.8%/100)*(382t/h)*1000/54100kWh
  この発電所の電力量あたりのCO2排出量は
  (0.45〜0.55) kg-CO2/kWh

4 :名無電力14001:2013/09/17(火) 20:42:38.78

★日本の地熱発電の各種データ★

13pに発電量や蒸気量のデータ
33pにCO2 H2S 排出量 PH SiO2溶解量
http://www.env.go.jp/nature/geothermal_power/conf/h2304/ref02.pdf

発電所毎の井戸の再掘削データがある
http://www.env.go.jp/nature/onsen/council/chinetu/03/mat_07.pdf

地熱発電所運転状況 2009,2010
http://www.tenpes.or.jp/H2122chinetsu.pdf

日本の発電容量・発電実績の年間推移のグラフ有
2011年
http://www.enecho.meti.go.jp/topics/hakusho/2011energyhtml/2-1-3.html
2013年
http://www.enecho.meti.go.jp/topics/hakusho/2013/2-1.pdf

5 :名無電力14001:2013/09/17(火) 20:44:23.98

「最近の地熱発電の発電量は10年で30%低下している」  のグラフ

6 :名無電力14001:2013/09/18(水) 14:49:43.83

北海道で地熱開発、丸紅が「10年計画」に着手
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1309/18/news028.html

東日本大震災以降の規制緩和を受けて、地熱発電に関する調査が進み始めた。
海外で地熱発電事業に参画してきた丸紅は、2013年9月、大雪山国立公園内において地熱関連の調査を開始した。
規制緩和後の北海道内の地熱調査としても初の試みとなる。

 今回の丸紅の調査は、地形測量、地質分布、温泉水分、環境特性の把握など地質調査の
最も初期のものだ。
これらの調査には白水沢地区における地熱資源の賦存状況把握や層雲峡温泉地区の現況、
温泉湧出メカニズム把握、白水沢地区の環境特性の把握が含まれている。

 丸紅によれば、今回の地表調査の結果、地熱資源の存在が裏付けられれば引き続き上川町や
地元の協議会と話し合いを続けながら事業化を進めたいという。
全ての調査や環境評価をパスした場合、約10年後に発電所の建設に入ることができる見込みだ。

7 :名無電力14001:2013/09/18(水) 17:26:43.41

>>2
それぞれ統計期間が違うという説明が抜けてる

エネ庁の資料。地熱は9.2円〜11.6円/kWh(稼働40年間の平均予想)
ttp://www.enecho.meti.go.jp/info/committee/kihonmondai/8th/8-3.pdf

産総研の資料では9〜22円/kWh(稼働15年間の平均予想)
ttp://staff.aist.go.jp/toshi-tosha/geothermal/gate_day/presentation/METI1-Adachi.pdf

日本エネルギー経済研究所の資料では8.9円/kWh(既存の地熱発電のみ(予想含まず)。稼働期間40年超の発電所含む)
ttp://eneken.ieej.or.jp/data/4043.pdf

8 :名無電力14001:2013/09/18(水) 17:27:37.05

前スレ見て思ったけど、議論のソースは示すべきだね。
示さないのは自由だけど、根拠があるのか、想像で発言してるのか、単に荒らしたいのか区別できない。

あと、既存のソースを無視して独自計算するのは疑似科学のやり方。
(「排熱を日本の面積で割ったら1℃上がる」みたいな一見科学っぽい計算)

9 :名無電力14001:2013/09/18(水) 18:24:08.64

へえ、原価焼却の殆ど終わった地熱発電の有価証券報告書の数字から、発電単価を出すのが正しいやり方なんですね

10 :名無電力14001:2013/09/18(水) 18:39:27.79

>(「排熱を日本の面積で割ったら1℃上がる」みたいな一見科学っぽい計算)

その地域の放射平衡温度は、真空中なら5W/の増加で1℃上がる。
真空中でない場合、温室効果ガスの影響が十分には判らないが、それよりも上昇する。

それは物理法則だから、どうしようもないよ。

ただし風の流れというのがあるから、影響面積は考えないといけない。
それでも日本の面積くらいあると十分に馴らされてしまう。

日本で消費されるエネルギー量を日本の面積で割って、その放射平衡温度を求めてみるといい。

世界の全消費エネルギーを地球面積で割れば、殆ど影響が無い事が判る。
エネルギー消費そのものが、直接世界の平均気温を上げてない。
しかし、日本の消費エネルギーは日本の気温上昇、
日本の、この100年の気温上昇率が世界平均より大きい事を説明出来てしまうだけある。

日本で排出する水蒸気量を地球面積で割るのは、単なるパフォーマンス計算だろう。

日本で排出する水蒸気量を日本の面積で割るのは、少なくとも無風時の影響量を概算するのに十分だ。

11 :名無電力14001:2013/09/18(水) 18:51:36.63

>>8
ソースなんて、ググレばいいだけの事。 検索に必要な用語さえあれば素人でもついていける。

ソース無視といってもさ、CO2の排出量を平気で未だに 13kg-CO2/kwh とか出してるソースを見て、どう思うよって話さ。

12 :名無電力14001:2013/09/18(水) 19:45:47.24

>>11
ソース出さない(出せない)ヤシの言いわけでしかないな。

13 :名無電力14001:2013/09/18(水) 19:47:18.36

>>10
一見もっともらしいけど根拠のない発言サンプルとして、申し分ないなあ
まず、冷却塔と気温の相関を示すデータを持ってきてから言ってください。
冷却塔は原発や火力のでもいいよ。

14 :名無電力14001:2013/09/18(水) 19:58:37.58

ソースが無いと信用できないからね(原発事故関連デマで学んだ)

15 :名無電力14001:2013/09/18(水) 21:16:52.86

地球の面積で割るべきだ!

と言い出した馬鹿のソースが欲しい・・・w

16 :名無電力14001:2013/09/18(水) 21:36:25.47

>>15
地球の面積で割るって、つまり増加しないってことだから、それは理解しやすい。
日本の面積で割るソースってどっかにあるの?

23 :名無電力14001:2013/09/19(木) 10:56:51.30

さらに言えば、高温岩体に手を出さないと、日本の地熱発電資源なんて、異常高温を心配するほどの量がない。

計算されているというソースを見れば噴飯物。
200℃にも満たない熱源に熱効率を理論熱効率並の高さで計算してる。
場所が隣接しているのに関わらず、干渉を考えていない。

ウソだと思うなら見直してみるといい。

18 :名無電力14001:2013/09/19(木) 08:11:04.03

今消費量の 0.2% とかの地熱発電量 を 30% に増やすという事は、設備を100倍以上にするという事。 
可能かどうか検証してみよう。

150haの八丁原が減衰が少ないというなら、今後の新設には150hzの敷地が必要だろう。
そして、斜め掘りで2km程敷地外の地熱も使う事を考えると
地熱発電所は3.5km程度の間隔が必要だろう。

地熱発電の適地は、地殻熱流量が少なくともワット単位であること。
日本の平均量が0.1ワット/である事を考えると10倍であり、
その分布関数が判れば、存在確率も判るだろう
たいていの確率分布で、1/300をこることはない それでもそれ以外の場所は地殻熱流量を0.03
よって 地熱発電適地は 1000km^2 より小さい。
3.5km程度の間隔を取ると80ヶ所程度より小さいという事になる。
つまり100ヶ所に増やすのも、ほぼ限界という事になる。

さて、
1kW/ 3.5kmメッシュという事は1つの発電所で12MWの地殻熱流量がある。
2.5MWの発電量なら、地殻熱流量と一致し、再生可能発電となるだろう。

50MWの発電量なら、熱流量は250MWとなり 地殻熱流量の20倍の消費となる。
50年発電すれば10世紀の滋養が必要という計算だ。
つまり50MWが100ヶ所 5000MW が限界であり、その場合でも50年発電した後1000年の間滋養が必要になる。

19 :名無電力14001:2013/09/19(木) 08:21:43.39

地殻熱流量の分布図
https://www.gsj.jp/Map/JP/docs/dgm_doc/dgm_p05b.htm
数値地質図 P-5  日本列島及びその周辺域の地温勾配及び地殻熱流量データベース
発行年:2004
販売価格:¥1,155

20 :名無電力14001:2013/09/19(木) 08:51:51.76

>>17
死ぬほど突っ込まれてるけど、さっさとソースを出しなよ
海の遠い地域の多いヨーロッパには、死ぬほど冷却塔ある
そこで一年の気温が上がってるソースだせばいい(夏の熱波は2003年以降数回しかないから違う)

ソースないなら、もっともらしいだけのトンデモ

21 :名無電力14001:2013/09/19(木) 10:38:23.66

否定出来ない程にもっともらしいならトンデモじゃないだろ。
トンデモなら、かならず論理に破綻があるんじゃないの?

22 :名無電力14001:2013/09/19(木) 10:52:23.56

>>20
ソースね

2003年のヨーロッパ熱波

2013年

原発の分布図

滅多にない気象条件が重なったとしても、見事に高温部と、内陸の原発の位置が重なっている。

今世紀末に何度上がるとかの江守動画並のトンデモだとしても、
ではこの地図の相関が単なる偶然だというのも説明が難しいだろ?

17 :名無電力14001:2013/09/19(木) 07:15:41.16

日本の排ガスを地球の面積で割る意味はないだろう。
世界の排ガスを地球の面積で割るなら、それで陸地面積と海洋との比、都市化偏在などから異論が出るだろう。

地熱発電の冷却塔の影響について今、わずかな発電量で既に出ている筈がない。
冷房用のクーラントの影響の方が何倍も出ているだろう。

問題は、地熱の発電総量にある。

地熱が、日本の発電量の何割かを満たせるだけ可能だとか、いや全部を満たせるとか、そういうレベルでの影響の予測についてだ。

そのようなレベルは、少なくとも地殻熱流量の桁上の話になる。
つまり再生可能エネルギーではなくなる。
現在の地熱発電も、発電総量の減少を見る限り再生可能エネルギーではない。
温泉発電や、今より一桁上の発電量、または、一桁上の敷地面積である必要がある。

そして地殻熱流量の1桁上での排熱の問題。 それは年間 兆kwh という単位になる。
排熱の量は、日本の面積で割れば、放射平衡温度を0.5℃以上上げるだけの量が増える。

理由は、熱効率が極端に悪い事にあり、それは地熱が地下にオープン系で蒸気を得るという仕組みそのものからの制限だ。

さらに、排熱は、冷却塔から地下からの水蒸気の6割が気化され潜熱として放出される。
そのため、地下の水量がそれだけ減少し、それは日本の面積で割れば 今現在の海面上昇率の3倍にもなる。

冷却塔からの水蒸気は周囲より軽く、上に昇り、潜熱は無風であれば夜間に雲を作り上空から暖める。
昼間は太陽で温められ、雲は消える。
水蒸気の平均滞在日数は10日。 10回それが繰り返される=潜熱は10倍に増幅される。
また見えない程の薄い雲であっても散乱はそれなりに行われ、夜間の放射冷却を防ぐ。

もちろん冬には凝結は地表付近で行われ、霧、霜の形で消費されるためあまり影響はない
夏場に最高気温の上昇という形で現れるだろう。

24 :名無電力14001:2013/09/19(木) 13:06:38.03

>>20
さあ、どうするの?(ワクワク)

25 :名無電力14001:2013/09/19(木) 13:23:55.18

>>22
熱波はダメだと>>20で言われてるのに、熱波のデータ出してくるのはアホなのか
せめて毎年のデータを出せよ

2003年のものはフランス一帯だけで、
同規模のイギリスの冷却塔分(火力含む)や
東欧の原発分とは合致しない

さらに2013年のは酷い。
この熱波は南欧州やアフリカ北部が中心で、冷却塔位置と全く関連がないじゃん

26 :22ちゃうで:2013/09/19(木) 13:44:41.05

>>25
なんだ、せっかく出してもらったソースに難癖かい?(笑)
「南欧州やアフリカ北部が中心」のはずの熱波なんだろ?
じゃや、欧州中央部に発生してる熱波はそれとは無関係、
むしろ、冷却塔に関連ってことだろ。w

まあ、馬鹿にはムリポ。w

27 :名無電力14001:2013/09/19(木) 14:47:14.54

>>26
自分の都合のいいデータだけでは駄目だよw

28 :名無電力14001:2013/09/19(木) 15:17:01.36

>>27
自分の都合の悪いデータ排除では駄目だよw

29 :名無電力14001:2013/09/20(金) 14:09:49.40

☆☆■ 東海・東南海・南海地震 ■☆☆
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/lifeline/1333366883/

30 :名無電力14001:2013/09/20(金) 16:16:30.05

「お役人の作文」 というのは驚くほど都合よい予測結果が捻出されるもの。
お役人が調査を頼む研究機関も、目的に会う数字を出すのが仕事。
たとえ、後から見たら恥ずかしいような朴訥な数字だろうが現実がどうであれ
目的にあわせなければならない。
そのためには理論熱効率で計算するし、隣接させてるのなんか無視して合算する。

またお役人様は無謬(むびゅう)=間違えない。
だから一度出したデータはたとえ冷却塔から水蒸気と共に排出されるCO2の存在が確認されても
運転中のCO2はゼロのまま 13kg-CO2/kwh とか 15kg-CO2/kwh で使われる。

34 :名無電力14001:2013/09/21(土) 15:58:03.57

月内に地表調査開始 地熱発電計画で磐梯山周辺
http://www.minpo.jp/news/detail/2013092111009

 磐梯朝日国立公園内の地熱発電所建設計画で、
石油大手の出光興産など10社でつくる「福島地熱プロジェクトチーム」は20日、
今月下旬から磐梯山周辺で地表調査を開始すると発表した。

35 :名無電力14001:2013/09/21(土) 17:18:35.95

全国初の地域住民の地熱発電所建設へ/熊本・小国町 サポートは中央電力
http://n-seikei.jp/2012/06/post-9274.html

熊本県小国町西里の岳の湯「はげの湯」地区住民が、地熱発電を目的に合同会社「わいた会」
(代表:江藤義民)を設立した、地熱発電事業に乗り出した。

わいた会は、地区住民26人が出資して2011年1月に設立。出資者から所有地(180平方メートル)を借り、
近く地熱井戸の掘削を始める。最大出力は1千キロワット程度(一般家庭約300世帯分)を見込んでいる。
同社が発電事業者となり、プラント設置や運営は中央電力(東京都千代田区)に委託、九州電力に売電する。
2013年稼働を目指している。

40 :名無電力14001:2013/09/22(日) 14:50:54.67

太陽電池は設置し易いからどんどん普及させればいい
ただ、日時・季節発電変動が少なく安定した地熱発電も必要だよ

46 :名無電力14001:2013/09/23(月) 10:50:40.45

補助金のおかげで太陽電池は値下がりしてるけどさ

地熱はそうじゃないでしょ

48 :名無電力14001:2013/09/23(月) 15:04:15.86

>>45
自分の脳内の敵と戦わないでください。
他の人に迷惑です。

50 :名無電力14001:2013/09/24(火) 07:28:51.96

ダメって事はないでしょ。 現時点で離島なんかで数MWクラスのベース発電には最適だと思うよ。
夜間は余るだろうけど、余る分は揚水にでも使って、エネルギーと水道水確保に
昼間は不足するだろうけど、太陽電池をある程度導入すれば揚水発電で需給調整は出来るだろう

54 :名無電力14001:2013/09/24(火) 15:01:53.70

もうダメポ

55 :名無電力14001:2013/09/24(火) 20:04:00.39

jこれも一種の地熱発電

深海底の熱水で発電成功 「地産地消」で鉱床を探査
http://sankei.jp.msn.com/science/news/130923/scn13092312410000-n1.htm

 深海底から噴出する硫化水素を含む熱水を使って電気を生み出す
「海底熱水発電」の実験に、海洋研究開発機構のチームが世界で初めて成功した。
海底の探査や観測に不可欠な電力を現地で調達できれば、海洋研究の可能性は一気に広がる。(伊藤壽一郎)

66 :名無電力14001:2013/09/29(日) 12:43:01.29

燃料代が0ってのはおかしな話だよね。

石油や石炭だって、そこにある段階ではゼロ円

水だって、そこにあるだけの段階ではゼロ円

コンビにで買うペットボトルの水なんてガソリン並だよね?

88 :名無電力14001:2013/10/02(水) 13:51:34.01

>>86
たとえば >>78
0.026E11kg/年 という数字を100倍すると 2.6E11kg/年
世界の平均的な地中からの自然放出量の2倍になるんだが、

日本だけで上回ってしまって大丈夫なのかい?

これを安全安心というなら、なぜなのか説明が必要だと思うが?

110 :名無電力14001:2013/10/03(木) 17:04:36.26

>>109
この電磁波探査って、新技術のCSAMT法なのかな?
ttp://grsj.gr.jp/whatbook/chapter4.html

189 :名無電力14001:2013/10/19(土) 13:29:58.01

私は 99%の確率で正しい事は表現した。

それを否定するからには、減衰するの逆説を それなりの確率で示してみてはどうだ?

地熱総発電量そのものが、この10年間、年数%の勢いで低下してるのに
それをどうやって否定するのか楽しみでしょうがない。

257 :名無電力14001:2013/11/28(木) 09:52:01.27

>>254
>「地熱バイナリー発電」で、1時間当たり2千〜5千キロワットの発電量を確認。

このへんの書き方でもう記事の信頼性が無くなる気がする。

304 :名無電力14001:2014/01/04(土) 09:44:27.41

君ら何で急にファビョってるの?

415 :名無電力14001:2014/01/25(土) 17:06:29.33

へえ、単価ってそうやって比較するもんなんですか。 勉強になりますね。

543 :名無電力14001:2014/02/22(土) 13:15:29.06

地熱発電所はもっと情報公開すべきだよ。
アメダス相当の温度、湿度
敷地4方にGPS変位計、ガイガーカウンター

そういうのをWebで自動計測、データ公開するべき。

10年先 20年先にどれだけ地盤沈下したかとか、不等沈下はどうだとか
ホントに原発より電力量あたりの放射性物質の放出は少ないのかとかデータを取るべきだよ。

今は触らぬ神に祟りなしと思ってるのか、ワザと調べてないんじゃないの?

684 :名無電力14001:2014/03/23(日) 11:10:57.82

>>679
地熱の放射量は地球全体で44TWt程度です。
世界中の電力を地熱で賄ったとして
熱効率20%として せいぜい3割程でしかありません

つまり使わなければ10億年持つのがせいぜい7億年に減少するする程度です

100歳の寿命の人が70歳で死ぬのを我慢する程度ですよ

781 :名無電力14001:2014/04/29(火) 07:25:04.79

地熱はウソばかり

■地熱の稼働率は80%以上だぜ
  事実→>>727のように下がり続けて60%以下に
    一定期間毎に穴を掘りなおさないと蒸気量は確保出来ない
    掘れる深さと、敷地面積の制限から穴掘りなおし続けてもいずれ限界が来るのは原理的に当然なのを無視してる発言だった

■地熱はCO2殆どださないんだぜ
  事実→>>3のようにガス火力並の発電所が実在
   熱効率の悪さから発電量あたり大量の水蒸気が必要で、僅かのCO2含有率でも発電量あたりのCO2は大きくなる。
   石灰石など炭酸塩岩は当然大量のCO2を水に溶かしてくる

■地熱はコスト安いんだぜ
  事実→>>775のように、地熱は他の自然エネルギーに比べて高い
   安いというのは既に何10年も稼動した場合のランニングコスト
   しかし何10年も稼動とは限らない。北海道の森発電所のように設備容量を半分にしなければならなかった例もある

834 :名無電力14001:2014/06/20(金) 03:10:28.85

>>833
熱エネルギーを電気エネルギーに変換するには、
原則として温度差を熱機関を通して運動エネルギーに変換してから発電するか、
温度差そのもので発電するかのいずれかしかない。

後者は熱機関がないだけ全体の装置が簡便になるという大きな利点がある。
手法やデバイスは多いに越したことがない。

900 :名無電力14001:2014/10/15(水) 06:33:11.30

東北電力系統への再生可能エネルギー発電設備の連系申込み(特別高圧・高圧連系)に対する回答の保留について
http://www.tohoku-epco.co.jp/news/normal/1188271_1049.html

このため、当社は、事業者さまからの再エネ発電設備の連系申込み(特別高圧・高圧で連系する案件)に対する当社からの回答について、一時的に保留させていただき、将来的な再エネ発電設備の受入可能性や今後の受付方法等について、詳細検討を行うことといたしました。
詳細検討に要する期間として現時点で数ヵ月程度を目安に考えておりますが、回答を再開する際はあらためてお知らせいたしますので、それまでお待ちいただきますようお願いいたします。

《回答保留の対象とさせていただく発電設備(低圧で連系する案件を除く※)》
  太陽光発電設備、水力発電設備、地熱発電設備、バイオマス発電設備
   ・平成26年10月1日以降にお申込みを受付したもの。
  風力発電設備
   ・当社系統への連系量(既に当社系統へ連系している案件と、既に当社系統への連
    系が確定している案件の設備出力合計)が200万kWに達した時点以降にお申込
    みを受付したもの。

1001件をまとめました。
最新情報はこちら

-株・FX・仮想通貨

Copyright© 株・FX投資2chまとめ速報 , 2020 All Rights Reserved.