株・FX投資2chまとめ速報

株やFX、仮想通貨などの投資2chまとめサイトです

株・FX・仮想通貨

株初心者です2ちゃん

1 :山師さん:2019/06/01(土) 15:43:22.68 ID:xARDHMno.net
よろしくお願い致します

2 :ペニルン :2019/06/01(土) 15:43:52.07 ID:/cveK9xq

>>1
よろしくお願いいたします♪(*^^*)

3 :山師さん:2019/06/01(土) 15:47:01.88 ID:xARDHMno

ありがとうございます!

とりあえずなにを買いましょうか?
予算が400万円です。

4 :山師さん:2019/06/01(土) 15:49:20.33 ID:XvgcSJmI

これはスゲーぞ
リンクは貼らないから検索から飛んでけ

『【完全版】株式投資 [超絶必勝]トレード手法まとめ』

ドコにも載ってない【[超絶必勝]先物連動トレード手法】ってのを公開してくれてるぞ これはマジでスゲーから勝てるようになりたいなら絶対読んどけ 読むと読まないじゃー天国と地獄だぞおまえら

5 :ペニルン :2019/06/01(土) 16:00:49.11 ID:/cveK9xq

>>3
銘柄選びは自分でするべきです♪(*`・ω・)ゞ
株は自己責任の世界なので!

結構な資金なので、色々選べると思います!

焦らずじっくり探してみてはいかがですかね!

6 :あつし:2019/06/01(土) 17:17:59.49 ID:xARDHMno

あつし
都内自宅高級マンションになります。
丁寧な全身アロマオイルマッサージです。
本日若干空きがございます。
性差なくご利用いただいております。
よろしくお願い致します。
90min
10000
paradaispa3@gmail.com
返信がgmailからになります。
受信設定確認してからご連絡くださいませ。

7 :山師さん:2019/06/01(土) 21:07:41.76 ID:P06mEW8y

村田製作所800株買って寝とけ
責任は俺が取らない

8 :山師さん:2019/06/02(日) 02:41:44.78 ID:HG8pNyZ3

これはスゲー!!!!!
リンクは貼らないから検索から飛んでけ

『【完全版】株式投資 [超絶必勝]トレード手法まとめ』

ドコにも載ってない【[超絶必勝]先物連動トレード手法】ってのを公開してくれてるぞ これはマジでスゲーから勝てるようになりたいなら絶対読んどけ 読むと読まないじゃー天国と地獄だぞおまえら

9 :山師さん:2019/06/23(日) 19:28:10.72 ID:3HWoc+Yc

1株に0・8株割り当てとは
株を100株持っていたとしたら 80株をもらえるという事なのかな?

10 :test:2019/08/03(土) 16:39:55.95 ID:zhZLv41G

test

11 :コガネムシ :2019/08/11(日) 21:46:06.16 ID:GyCXsQzo

testとは?え?どういうこと?
なんのテスト?テストの答えは?

12 :山師さん:2019/09/16(月) 14:45:00.62 ID:CKgdtpzW

テストの書き込みはこちらへ
仕手株掲示板改3
(゚Д゚)ノ
http://kaisan.tokyo/cgi/kuro.cgi

13 :山師さん:2019/10/31(Thu) 18:56:14 ID:PXe0Gc2r

決算 松屋フーズ、今期経常を33%上方修正・16期ぶり最高益更新へ

松屋フーズホールディングス <9887> が10月31日後場(14:00)に決算を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比2.1倍の32.6億円に急拡大した。

併せて、通期の同利益を従来予想の43.5億円→58億円(前期は41.8億円)に33.3%上方修正し、増益率が4.0%増→38.7%増に拡大し、16期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。

会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比2.3%減の25.3億円に減る計算になる。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比2.5倍の19.7億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の3.1%→7.1%に大幅改善した。

14 :山師さん:2019/10/31(Thu) 18:56:32 ID:PXe0Gc2r

決算 トヨタ紡織、今期税引き前を6%下方修正

トヨタ紡織 <3116> が10月31日後場(14:00)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結税引き前利益は前年同期比11.0%減の271億円に減った。

併せて、通期の同利益を従来予想の540億円→510億円(前期は614億円)に5.6%下方修正し、減益率が12.2%減→17.1%減に拡大する見通しとなった。

会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結税引き前利益は前年同期比27.0%減の238億円に減る計算になる。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結税引き前利益は前年同期比10.8%減の125億円に減り、売上営業利益率は前年同期の4.1%→3.2%に悪化した。

15 :山師さん:2019/10/31(Thu) 18:56:51 ID:PXe0Gc2r

三菱電の今期、純利益7%減に一転減益 FA機器が不振
https://r.nikkei.com/article/DGXLASFL31HAX_R31C19A0000000?s=5

16 :山師さん:2019/10/31(Thu) 18:57:05 ID:PXe0Gc2r

決算

ローム、今期経常を33%下方修正

ローム<6963>・ェ10月31日後場(14:40)に決算を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比57.4%減の188億円に大きく落ち込んだ。

併せて、通期の同利益を従来予想の420億円→280億円(前期は646億円)に33.3%下方修正し、減益率が35.1%減→56.7%減に拡大する見通しとなった。

会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比55.3%減の91.7億円に大きく落ち込む計算になる。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比54.2%減の107億円に大きく落ち込み、売上営業利益率は前年同期の18.9%→9.5%に大幅低下した。

17 :山師さん:2019/10/31(Thu) 18:57:20 ID:PXe0Gc2r

決算 ヤマトHD、今期経常を14%下方修正

ヤマトホールディングス <9064> が10月31日大引け後(15:00)に決算を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比88.0%減の27.3億円に大きく落ち込み、従来予想の90億円を下回って着地。

併せて、通期の同利益を従来予想の690億円→590億円(前期は542億円)に14.5%下方修正し、増益率が27.2%増→8.7%増に縮小する見通しとなった。

会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比78.6%増の562億円に拡大する計算になる。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比9.6%減の120億円に減り、売上営業利益率は前年同期の3.4%→2.9%に悪化した。

18 :山師さん:2019/10/31(Thu) 18:57:37 ID:PXe0Gc2r

決算 フジクラ、今期経常を一転38%減益に下方修正

フジクラ <5803> が10月31日大引け後(15:00)に決算を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比48.2%減の49.7億円に落ち込み、従来の24.9%増益予想から一転して減益で着地。

併せて、通期の同利益を従来予想の270億円→130億円(前期は210億円)に51.9%下方修正し、一転して38.2%減益見通しとなった。

会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比29.7%減の80.2億円に減る計算になる。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比9.4%減の40億円に減り、売上営業利益率は前年同期の3.6%→3.0%に悪化した。

19 :山師さん:2019/10/31(Thu) 18:57:50 ID:PXe0Gc2r

決算 JAL、上期経常が12%減益で着地・7-9月期も14%減益

日本航空 <9201> が10月31日大引け後(15:00)に決算を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比12.5%減の825億円に減り、通期計画の1710億円に対する進捗率は48.3%にとどまり、5年平均の56.4%も下回った。

会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比24.5%増の884億円に伸びる計算になる。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比13.9%減の612億円に減り、売上営業利益率は前年同期の17.6%→14.9%に低下した。

20 :山師さん:2019/10/31(Thu) 18:58:07 ID:PXe0Gc2r

決算 TDK、上期税引き前が19%増益で着地・7-9月期も29%増益

TDK <6762> が10月31日大引け後(15:00)に決算(米国会計基準)を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結税引き前利益は前年同期比18.8%増の686億円に伸び、通期計画の1180億円に対する進捗率は58.2%に達し、5年平均の41.0%も上回った。

会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結税引き前利益は前年同期比14.5%減の493億円に減る計算になる。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結税引き前利益は前年同期比29.0%増の439億円に伸び、売上営業利益率は前年同期の9.7%→11.8%に改善した。

21 :山師さん:2019/10/31(Thu) 18:58:21 ID:PXe0Gc2r

決算 板硝子、今期税引き前を47%下方修正

日本板硝子 <5202> が10月31日大引け後(15:00)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結税引き前利益は前年同期比47.5%減の71.9億円に落ち込んだ。

併せて、通期の同利益を従来予想の190億円→100億円(前期は227億円)に47.4%下方修正し、減益率が16.4%減→56.0%減に拡大する見通しとなった。

会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結税引き前利益は前年同期比68.9%減の28億円に大きく落ち込む計算になる。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結税引き前利益は前年同期比54.1%減の20億円に大きく落ち込み、売上営業利益率は前年同期の5.5%→4.3%に悪化した。

22 :山師さん:2019/10/31(Thu) 18:58:35 ID:PXe0Gc2r

決算 カッパクリエ、今期経常を20%上方修正

カッパ・クリエイト <7421> が10月31日大引け後(15:00)に決算を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比92.0%増の14億円に拡大した。

併せて、通期の同利益を従来予想の15億円→18億円(前期は7.6億円)に20.0%上方修正し、増益率が97.4%増→2.4倍に拡大する見通しとなった。

会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比15倍の3.9億円に急拡大する計算になる。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比75.5%増の9.9億円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の2.5%→4.8%に改善した。

23 :山師さん:2019/10/31(Thu) 18:58:57 ID:PXe0Gc2r

決算 イエロハット、上期経常が68%増益で着地・7-9月期も2倍増益

イエローハット <9882> が10月31日大引け後(15:00)に決算を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比68.0%増の61.5億円に拡大し、通期計画の119億円に対する進捗率は51.8%に達し、5年平均の35.1%も上回った。

会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比21.6%減の57.4億円に減る計算になる。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比2.0倍の37.3億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の4.8%→9.2%に大幅改善した。

24 :山師さん:2019/10/31(Thu) 18:59:14 ID:PXe0Gc2r

決算 ワコールHD、7-9月期(2Q)税引き前は6%増益

ワコールホールディングス <3591> が10月31日大引け後(15:00)に決算(米国会計基準)を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結税引き前利益は前年同期比42.8%減の93.2億円に落ち込み、
通期計画の120億円に対する進捗率は77.7%となった。

会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結税引き前損益は26.7億円の黒字(前年同期は141億円の赤字)に浮上する計算になる。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結税引き前利益は前年同期比5.6%増の78億円に伸び、売上営業利益率は前年同期の8.8%→10.8%に改善した。

25 :山師さん:2019/10/31(Thu) 18:59:29 ID:PXe0Gc2r

決算 エスビー、今期最終を6%上方修正・最高益予想を上乗せ

エスビー食品 <2805> [東証2] が10月31日大引け後(15:00)に決算を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結最終利益は前年同期比32.5%増の38億円に拡大し、従来の2.4%減益予想から一転して増益で着地。

併せて、通期の同利益を従来予想の49億円→52億円(前期は43.1億円)に6.1%上方修正し、増益率が13.5%増→20.5%増に拡大し、従来の4期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。

会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結最終利益は前年同期比3.5%減の13.9億円に減る計算になる。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結最終利益は前年同期比76.7%増の21.7億円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の4.4%→4.7%に改善した。

26 :山師さん:2019/10/31(Thu) 18:59:45 ID:PXe0Gc2r

決算 H2Oリテイ、今期経常を2%下方修正

エイチ・ツー・オー リテイリング <8242> が10月31日大引け後(15:00)に決算を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比1.9%増の65.7億円となり、従来の0.8%減益予想から一転して増益で着地。

しかしながら併せて、通期の同利益を従来予想の185億円→182億円(前期は213億円)に1.6%下方修正し、減益率が13.5%減→14.9%減に拡大する見通しとなった。

会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比22.1%減の116億円に減る計算になる。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比18.1%増の30.6億円に伸び、売上営業利益率は前年同期の1.2%→1.5%とほぼ横ばいだった。

27 :山師さん:2019/10/31(Thu) 18:59:59 ID:PXe0Gc2r

決算 JT、今期最終を6%下方修正

JT <2914> が10月31日大引け後(15:00)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。19年12月期第3四半期累計(1-9月)の連結最終利益は前年同期比5.0%減の3161億円に減った。

併せて、通期の同利益を従来予想の3600億円→3400億円(前期は3856億円)に5.6%下方修正し、減益率が6.7%減→11.8%減に拡大する見通しとなった。

会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した7-12月期(下期)の連結最終利益も従来予想の1335億円→1135億円(前年同期は1695億円)に15.0%減額し、減益率が21.2%減→33.0%減に拡大する計算になる。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(3Q)の連結最終利益は前年同期比23.1%減の896億円に減り、売上営業利益率は前年同期の29.1%→22.5%に低下した。

28 :山師さん:2019/10/31(Thu) 19:00:14 ID:PXe0Gc2r

決算 村田製、今期税引き前を5%上方修正

村田製作所 <6981> が10月31日大引け後(15:00)に決算(米国会計基準)を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結税引き前利益は前年同期比12.6%減の1248億円に減った。

しかしながら、併せて通期の同利益を従来予想の2220億円→2320億円(前期は2673億円)に4.5%上方修正し、減益率が17.0%減→13.2%減に縮小する見通しとなった。

会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結税引き前利益は前年同期比13.9%減の1071億円に減る計算になる。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結税引き前利益は前年同期比33.7%減の615億円に落ち込み、売上営業利益率は前年同期の20.6%→14.6%に低下した。

29 :山師さん:2019/10/31(Thu) 19:00:34 ID:PXe0Gc2r

決算 グリコ、上期経常が20%減益で着地・7-9月期も27%減益

江崎グリコ <2206> が10月31日大引け後(15:00)に決算を発表。19年12月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比20.1%減の117億円に減り、通期計画の176億円に対する進捗率は66.7%となった。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比26.9%減の53.6億円に減り、売上営業利益率は前年同期の7.1%→5.7%に悪化した。

30 :山師さん:2019/10/31(Thu) 19:00:54 ID:PXe0Gc2r

決算 ZOZO、上期経常が30%増益で着地・7-9月期も31%増益

ZOZO <3092> が10月31日大引け後(15:00)に決算を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比30.4%増の130億円に拡大したが、通期計画の320億円に対する進捗率は40.8%となり、5年平均の40.3%とほぼ同水準だった。

会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比20.6%増の189億円に伸びる計算になる。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比31.0%増の54.3億円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の15.4%→18.8%に上昇した。

33 :山師さん:2019/10/31(Thu) 19:01:47 ID:PXe0Gc2r

決算 京セラ、上期税引き前が19%減益で着地・7-9月期も21%減益

京セラ <6971> が10月31日大引け後(15:00)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結税引き前利益は前年同期比19.4%減の852億円に減り、通期計画の1800億円に対する進捗率は47.3%にとどまり、さらに前年同期の75.2%も下回った。

会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結税引き前利益は前年同期比2.7倍の947億円に急拡大する計算になる。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結税引き前利益は前年同期比20.9%減の397億円に減り、売上営業利益率は前年同期の11.0%→9.1%に低下した。

35 :山師さん:2019/10/31(Thu) 19:02:14 ID:PXe0Gc2r

決算 アカツキ、7-9月期(2Q)経常は7%減益

アカツキ <3932> が10月31日大引け後(15:01)に決算を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比14.5%増の60億円に伸びた。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比6.5%減の35.7億円に減り、売上営業利益率は前年同期の51.9%→40.7%に低下した。

38 :山師さん:2019/10/31(Thu) 19:03:12 ID:PXe0Gc2r

決算 東エレク、今期経常を4%上方修正、配当も34円増額

東京エレクトロン <8035> が10月31日大引け後(15:30)に決算を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比41.1%減の1066億円に落ち込んだ。

しかしながら、併せて通期の同利益を従来予想の2200億円→2290億円(前期は3216億円)に4.1%上方修正し、減益率が31.6%減→28.8%減に縮小する見通しとなった。

会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比12.9%減の1223億円に減る計算になる。

業績好調に伴い、今期の年間配当を従来計画の502円→536円(前期は758円)に増額修正した。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比41.4%減の621億円に落ち込み、売上営業利益率は前年同期の26.0%→20.5%に低下した。

39 :山師さん:2019/10/31(Thu) 19:03:28 ID:PXe0Gc2r

決算 パナソニック、上期税引き前が30%減益で着地・7-9月期も14%減益

パナソニック <6752> が10月31日大引け後(15:30)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結税引き前利益は前年同期比30.1%減の1379億円に落ち込み、通期計画の2900億円に対する進捗率は47.6%にとどまり、3年平均の54.9%も下回った。

会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結税引き前利益は前年同期比30.6%減の1520億円に落ち込む計算になる。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結税引き前利益は前年同期比14.0%減の816億円に減り、売上営業利益率は前年同期の4.8%→4.3%に悪化した。

43 :山師さん:2019/10/31(Thu) 19:04:54 ID:PXe0Gc2r

決算 日清紡HD、今期経常を58%下方修正

日清紡ホールディングス <3105> が10月31日大引け後(16:00)に業績修正を発表。19年12月期の連結経常利益を従来予想の120億円→50億円に58.3%下方修正した。

会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した7-12月期(下期)の連結経常利益も従来予想の82.8億円→12.8億円に84.5%減額した計算になる。

44 :山師さん:2019/10/31(Thu) 19:05:41 ID:PXe0Gc2r

決算 キーエンス、上期経常は14%減益で着地、今期配当を実質増額修正

キーエンス <6861> が10月31日大引け後(16:05)に決算を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比14.0%減の1393億円に減った。

同時に、11月20日割当の1→2の株式分割を発表したが、今期の年間配当は従来計画の200円を据え置いた。据え置いたことに伴い年間配当は実質50.0%の増額となる。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比10.7%減の742億円に減り、売上営業利益率は前年同期の55.2%→51.0%に低下した。

45 :山師さん:2019/10/31(Thu) 19:10:20 ID:PXe0Gc2r

日清紡ホールディングス <3105> が10月31日大引け後(16:00)に業績修正を発表。19年12月期の連結経常利益を

中間決算ピーク 製造業の減益相次ぐ 米中貿易摩擦の影響も
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191031/k10012158581000.html

上場企業の中間決算の発表が31日ピークを迎えました。アメリカと中国の貿易摩擦などの影響で生産や輸出が
低迷し、「製造業」の経常利益は去年の同じ時期と比べて19%減少し、今年度の業績の見通しを下方修正する
企業も相次いでいます。

東京証券取引所では31日、3月期決算の1部上場企業のおよそ17%に当たる250社余りが中間決算を発表し、
ピークを迎えました。

証券大手の「SMBC日興証券」のまとめによりますと、30日までに決算発表を終えた「製造業」の経常利益は去年
の同じ時期より19.1%減っています。

業種別では、建設機械などの「機械」が29.9%、電機メーカーなどの「電気機器」は19.6%、それに、自動車部品
メーカーなどの「輸送用機器」が17%減益となっています。

米中の貿易摩擦の長期化で世界経済が減速し生産や輸出が低迷していることが大きな理由で、今年度の
経常利益の見通しを下方修正した製造業は118社のうち41社に上っています。

その一方で、「非製造業」の経常利益は、去年の同じ時期と比べて3.7%増益となっています。

このうち先月末まで、消費税率の引き上げに伴う駆け込み需要があったとみられる「小売業」は、2.9%の増益と
なっています。

SMBC日興証券で企業業績を分析している伊藤桂一チーフクオンツアナリストは、「今年度の後半は、駆け込み
需要の反動で消費が落ち込み、小売業の業績に影響が出ないか注意が必要だ。米中の貿易摩擦など海外経済
の行方も不透明で、多くの製造業にとって厳しい経営環境が続くだろう」と話しています。
経常利益8年ぶり減益に転じる可能性も
証券大手の「SMBC日興証券」のまとめによりますと、3月期決算の1部上場企業の1年間の経常利益は昨年度
まで7年連続で前の年度を上回る増益が続いていました。昨年度の経常利益は53兆2560億円で過去最高だと
いうことです。

しかし30日までに中間決算の発表を終えた1部上場企業の経常利益は去年の同じ時期と比べて5.1%減って
います。

また今年度1年間の業績の見通しを下方修正する企業も相次いでいます。

このためSMBC日興証券ではこの状況が続けば8年ぶりに1年間の経常利益が減益に転じる可能性もあると
していて、米中の貿易摩擦を発端とした世界経済の減速が日本企業の利益にもブレーキとなるおそれが出て
います。

49 :山師さん:2019/11/01(金) 16:07:41.61 ID:Fm4202UV

決算 シャープ、上期経常は23%減益で下振れ着地

シャープ <6753> が11月1日大引け後(15:00)に決算を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比23.4%減の331億円に減り、従来予想の420億円を下回って着地。

通期計画の950億円に対する進捗率は34.8%にとどまり、さらに前年同期の62.6%も下回った。

会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比2.4倍の618億円に急拡大する計算になる。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比12.6%減の191億円に減り、売上営業利益率は前年同期の3.7%→3.7%とほぼ横ばいだった。

55 :山師さん:2019/11/01(金) 16:09:16.96 ID:Fm4202UV

決算 リコー、上期税引き前が6%減益で着地・7-9月期も35%減益

リコー <7752> が11月1日大引け後(15:00)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結税引き前利益は前年同期比6.5%減の468億円に減り、通期計画の980億円に対する進捗率は47.8%にとどまり、5年平均の54.0%も下回った。

会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結税引き前利益は前年同期比51.0%増の511億円に拡大する計算になる。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結税引き前利益は前年同期比35.4%減の207億円に落ち込み、売上営業利益率は前年同期の6.5%→4.1%に悪化した。

58 :山師さん:2019/11/07(Thu) 16:45:25 ID:hjXr5KGx

決算 三菱マ、今期最終を67%下方修正

三菱マテリアル <5711> が11月7日大引け後(15:00)に決算を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結最終利益は前年同期比69.6%減の45.1億円に大きく落ち込んだ。

併せて、通期の同利益を従来予想の300億円→100億円(前期は12.9億円)に66.7%下方修正し、増益率が23倍→7.7倍に縮小する見通しとなった。

会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結最終損益は54.8億円の黒字(前年同期は135億円の赤字)に浮上する計算になる。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結最終利益は前年同期比57.7%減の21億円に大きく落ち込み、売上営業利益率は前年同期の2.5%→2.1%に悪化した。

59 :山師さん:2019/11/07(Thu) 16:45:39 ID:hjXr5KGx

決算 東レ、今期経常を11%下方修正

東レ <3402> が11月7日大引け後(15:00)に決算を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比10.4%減の693億円に減った。

併せて、通期の同利益を従来予想の1550億円→1380億円(前期は1345億円)に11.0%下方修正し、増益率が15.2%増→2.6%増に縮小する見通しとなった。

会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比20.2%増の686億円に伸びる計算になる。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比16.0%減の354億円に減り、売上営業利益率は前年同期の6.8%→6.4%に悪化した。

61 :山師さん:2019/11/07(Thu) 16:46:03 ID:hjXr5KGx

決算 ミネベア、今期最終を一転14%減益に下方修正

ミネベアミツミ <6479> が11月7日大引け後(15:00)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結最終利益は前年同期比39.6%減の162億円に落ち込み、従来予想の214億円を下回って着地。

併せて、通期の同利益を従来予想の620億円→520億円(前期は601億円)に16.1%下方修正し、一転して13.5%減益見通しとなった。

会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結最終利益は前年同期比7.5%増の357億円に伸びる計算になる。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結最終利益は前年同期比12.9%減の139億円に減り、売上営業利益率は前年同期の8.3%→6.9%に悪化した。

62 :山師さん:2019/11/07(Thu) 16:46:17 ID:hjXr5KGx

決算 テルモ、上期税引き前が30%増益で着地・7-9月期も38%増益

テルモ <4543> が11月7日大引け後(15:00)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結税引き前利益は前年同期比30.4%増の580億円に拡大した。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結税引き前利益は前年同期比38.4%増の292億円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の15.3%→19.4%に上昇した。

68 :山師さん:2019/11/07(Thu) 16:47:55 ID:hjXr5KGx

決算 バンナムHD、上期経常は一転6%増益で上振れ着地

バンダイナムコホールディングス <7832> が11月7日大引け後(15:00)に決算を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比6.4%増の487億円に伸び、従来の10.5%減益予想から一転して増益で着地。

通期計画の710億円に対する進捗率は68.7%に達し、5年平均の56.4%も上回った。

会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比45.8%減の222億円に落ち込む計算になる。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比5.3%減の249億円に減り、売上営業利益率は前年同期の14.2%→13.2%に低下した。

71 :山師さん:2019/11/07(Thu) 16:48:53 ID:hjXr5KGx

決算 エイベックス、上期経常が赤字転落で着地・7-9月期も赤字転落

エイベックス<7860>・ェ11月7日大引け後(15:00)に決算を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常損益は11.8億円の赤字(前年同期は37.7億円の黒字)に転落した。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常損益は13億円の赤字(前年同期は35.3億円の黒字)に転落し、売上営業損益率は前年同期の7.0%→-3.3%に急悪化した。

81 :山師さん:2019/11/12(火) 20:46:45.13 ID:MG+KbS0m

決算 大戸屋HD、上期経常が赤字転落で着地・7-9月期も赤字転落

大戸屋ホールディングス <2705> [JQ] が11月12日大引け後(15:00)に決算を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常損益は1億8100万円の赤字(前年同期は1億3400万円の黒字)に転落した。

会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比45.0%減の1億8100万円に落ち込む計算になる。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常損益は6600万円の赤字(前年同期は1億0500万円の黒字)に転落し、売上営業損益率は前年同期の1.2%→-1.1%に悪化した。

85 :山師さん:2019/11/12(火) 20:48:23.01 ID:MG+KbS0m

決算

カネカ、今期経常を一転17%減益に下方修正

カネカ<4118>・ェ11月12日大引け後(16:00)に決算を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比39.3%減の96.7億円に落ち込んだ。

併せて、通期の同利益を従来予想の350億円→260億円(前期は312億円)に25.7%下方修正し、一転して16.8%減益見通しとなった。

会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比6.5%増の163億円に伸びる計算になる。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比38.6%減の41.8億円に落ち込み、売上営業利益率は前年同期の5.2%→3.8%に悪化した。

91 :山師さん:2019/11/13(水) 19:53:55 ID:rkJQ9Nex

トリドールホールディングス <3397>【連結・国際基準】

今期税引き前を9%上方修正

 トリドールホールディングス <3397> が11月13日大引け後(16:00)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結税引き前利益は前年同期比0.7%減の41億円となった。
 しかしながら、併せて通期の同利益を従来予想の48.4億円→52.6億円(前期は13.3億円)に8.8%上方修正し、増益率が3.6倍→3.9倍に拡大する見通しとなった。

 会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結税引き前損益は11.6億円の黒字(前年同期は27.9億円の赤字)に浮上する計算になる。

 直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結税引き前利益は前年同期比45.5%増の27.3億円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の5.1%→7.4%に改善した。

95 :山師さん:2019/11/14(Thu) 16:46:03 ID:/G5Wz3ky

決算 かんぽ生命、今期経常を一転2%増益に上方修正

かんぽ生命保険 <7181> が11月14日大引け後(15:00)に決算を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比12.4%減の1415億円に減った。

しかしながら、併せて通期の同利益を従来予想の1900億円→2700億円(前期は2648億円)に42.1%上方修正し、一転して1.9%増益見通しとなった。

会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比24.4%増の1284億円に伸びる計算になる。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比1.0%減の855億円となった。

100 :山師さん:2019/11/14(Thu) 16:48:17 ID:/G5Wz3ky

決算 ガンホー、1-9月期(3Q累計)経常は48%増益で着地

ガンホー・オンライン・エンターテイメント <3765> が11月14日大引け後(15:00)に決算を発表。19年12月期第3四半期累計(1-9月)の連結経常利益は前年同期比47.7%増の257億円に拡大した。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(3Q)の連結経常利益は前年同期比0.6%増の52.1億円となったが、売上営業利益率は前年同期の26.4%→21.7%に低下した。

120件をまとめました。
最新情報はこちら

-株・FX・仮想通貨

Copyright© 株・FX投資2chまとめ速報 , 2020 All Rights Reserved.